ストレスと戦う現代女性

ストレス発散法のひとつに転職の選択肢

ストレスと戦う現代女性へストレスと向き合うのに必要不可欠なことは自分のストレスをよく知り、自分のストレス発散法を知ることです。「ストレスと戦う現代女性」がそのきっかけになって欲しいと思っています。 当サイトに関してご意見ご要望、またはご質問やご相談などはこちらの連絡先からお願いいたします。

ストレスとの向き合い方を考えていますか?

転職を考えるのもひとつの手段

ストレス発散法がどれだけ充実していても、職場から受けるストレスが強ければ徐々に身体的にも精神的にも苦しくなってきます。ストレス発散法があるから今のつらい職場でもやっていけると考えるよりも、もしなにか強いストレスがあったときにはストレス発散法がある、という保険的な役割の方が良いと全員考えるはずです。今の職場でやっていくしかないという考えで選択肢を狭めずに、そもそもストレスの少ない職場で働くという選択肢を加えることも大切です。

自分の限界を見極める

自分の限界を見極める

ストレスが自分の限界を超えてしまうと、会社に向かうことが出来なくなったりうつ病を発症してしまったりします。そうなったときに後悔しても、もう遅いのは誰でもわかります。しかし、それが出来ずに病んでいってしまう人たちは選択肢が狭いという特徴があります。今の仕事しかない、今の職場以外働けない。このように転職などの方向性に向かうことなくただ我慢することは良くありません。そして、自分のストレスの限界を知らないということも気づいた時にはもう遅いという要因のひとつです。

詳細へ

サポートが手厚い「きらケア」

サポートが手厚い「きらケア」

介護職はとてもストレスを受けやすい職種です。そのため多くの方がストレスにやられてしまい、会社に労災請求している現状があります。もともとストレスを受けやすい仕事をこなしているにも関わらず、職場でセクハラやパワハラを受けたりしていると当然一層強いストレスを受けることになります。そのようなストレスを抱えてしまうのであれば、良好な人間関係を築きやすい職場に転職することをおすすめします。そして良好な人間関係を形成しやすい職場を探すなら、求人元の職場の雰囲気がわかりやすい「きらケア」を利用しましょう。

詳細へ

非公開求人が豊富の「ナーススクエア」

非公開求人が豊富の「ナーススクエア」

看護師の職場の特徴として、女性の割合がとても高いという特徴があります。この特徴から女性特有の人間関係が形成されやすく、そのような人間関係が苦手な人にはストレスを強く感じてしまうことが多くあります。しかし一方で仲の良いスタッフ関係を築き、厳しい仕事もストレスをなるべく受けないように乗り越えている職場もあります。現在の職場にストレスで悩んでいるのなら求人数がとても豊富な「ナーススクエア」で自分が求める職場を探すことをおすすめします。

詳細へ
転職を考えるのもひとつの手段

「少し疲れたな・・・」と思ったら?